田七人参の副作用は

田七人参は漢方薬として使用されることもあり、様々な効果が期待されているものですが、飲み続けようと思った時には副作用があるのか心配になると思われます。
副作用の問題を正しく理解し、田七人参が持つ好転反応についてもきちんと知っておくことが大切です。

田七人参には副作用はあるの?

田七人参は古くから漢方薬として使用されてきたもので、生薬であることから、ほとんど副作用の心配はないと言われている安全性の高さが魅力的です。
ただ、妊娠中や授乳中の人は田七人参を控える方が良いと考えられていて、風邪をひいて熱を出している時などにも田七人参は飲まない方が良いと言われています。
妊婦や熱がある人は、田七人参に含まれる成分が強く現れてしまい、授乳中の場合、母乳を飲ませることによって赤ちゃんに田七人参の成分が伝わってしまう可能性が考えられます。
副作用の心配はそれほどないと言われていますが、飲み方や飲み合わせをチェックしてから飲むようにしましょう。

田七人参の好転反応とはどういうもの?

田七人参を飲むと、一時的に体調不良を起こしてしまうことがあると言われていますが、これは副作用ではなく好転反応と呼ばれるものなので、心配する必要はありません。
好転反応は体に蓄積していた老廃物や毒素などが田七人参を飲むことによって排出されることが原因で起きるもので、体の悪い部分が良い状態に変化していく時に、一時的に体調が悪くなったと感じる特徴を持っています。
長くても2日から3日で好転反応は治まるので、様子を見ながら田七人参を摂るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です